アイスクリームの製造工程
サンタのアイス工場のアイスクリームは、どのようにして出来上がるのかを簡単に説明します。

アイスクリームの主原料
① 牛乳(九州産)
② 生クリーム(北海道の十勝産)
③ 卵「黄」(天草五和町産)
④ グラニュー糖
主原料の4つでアイスクリームのベースをつくりますが、特に生クリームがアイスクリームの決め手となりますので、十分な配慮が必要となります。牛乳は九州産、生クリームは北海道の十勝を使用しております。

アイスクリームベース
アイスクリームの配合には、大きく分けて2種類の配合があります。
1つは牛乳と生クリームのホワイトベース、もう1つは卵黄を加えたイエローベースです。
シャーベット用としては、シャーベットベースもあります。


 

仕込みタンク

主原料の牛乳と生クリーム、そして黄身とグラニュー糖を混ぜます。そして75度まで加熱して、20分殺菌します。

ホモゲナイザー

殺菌を終えた原料ベースを「なめらかに」にするための機械です。小さな穴を通ることによって、クリームになめらかさが出てきます。

エージング

「エージング」とは、「寝かす」という意味で、エージングタンクに入れたまま2.5時間ほど寝かします。
タンクの外周を通っている冷却液にて85度のアイスクリームベースがドンドン冷やされて、フリージングできる状態にします。

フリージング(縦型)

美味しいアイスクリームは、この縦型フリーザーにあります。この工程ではアイスクリームをマイナス5度まで冷やしながら練り上げます。
縦型フリーザーの(アイスクリームを練り上げる)刃です。この刃がアイスクリームの命ともいえます。
※日本では横型フリーザーが主流です。

フリージング(横型)

フリージングタンクを満遍なく均一に冷却する横型フリーザーを導入、よりなめらかな仕上がりです。

カップ詰め

フリージング工程で出来上がったアイスクリームをカップに詰め込み、皆様に美味しいアイスクリームをお届けいたします。業務用は2リットルのバルク、一般家庭用はカップに詰めて販売しております。